漫画買取はゲオとブックオフならどっちがいいのか

実店舗で買取をするとなると、大半の人はゲオかブックオフへ持ち込むことになるでしょう

では、ゲオとブックオフどちらへ持ち込むのがよいのでしょうか?

ゲオやブックオフに持ち込む時の注意点

漫画を買取してくれる値段

漫画の買取が可能なチェーン店として知られているゲオとブックオフですが、この両者を比較した場合、どちらの方が漫画の買取価格が高いのでしょうか。もちろん他の面でも比較をする必要があるのですが、利用者にとって最も気になるのが値段です。そこで漫画の買取価格を比較してみようと思いますが、実はゲオもブックオフも、それほど買取価格の相場は変わらないと言ってもよいでしょう。漫画買取を行う場合には、漫画の種類と発売日、漫画の状態によって異なるので、実店舗で売却する場合には、それほど大きな価格の差はありません。

それでも多少の差が出てしまうのは当然だと言えるのですが、いろいろな人の口コミや体験談を見ると、漫画に関してはゲオの方が若干高い金額で買取をしてくれるという書き込みが多くなっています。そのため、漫画などの書籍を売りたい場合にはゲオを利用するべきという評価をしている人も多いと言えるでしょう。漫画というのは1冊の単価は低くなっているので、比較するのが難しくなっています。しかし、まとめて売ることである程度差が出てしまうこともあるのです。よって少しでも高く買取をしてくれる店を利用したいと思う人が多いでしょう。

買取をしてくれる種類や規定

買取価格に差がないのであれば、他の面で比較をしていくようになります。漫画買取を行うべきときに重要となるポイントは、買取をしてくれる漫画の種類がどれだけ多いのかという点や、買取に関する規定などについてです。買取ができる種類というのは、どこの店でもあまり変わりないので、この点についてもゲオとブックオフで大きな差ができてしまうということはありません。では、買取規定についてはどうなのでしょうか。この点は実際に店舗を何度も利用した人や、このような漫画買取店で働いていた経験のある人から聞くのがよいでしょう。

そこでゲオやブックオフで働いていた人や、頻繁に利用している人の体験談や口コミを見ると、ブックオフは日焼けした漫画についてもある程度規定があり、日焼けが酷い場合には買取が不可能になることも珍しくはありません。また、多少の日焼けでも、買取価格が下がることがあると言います。それに対してゲオの場合には、それほど明確に日焼けに関する規定がないので、かなり酷くなっている場合であればともかく、多少の日焼けであれば普通に買取をしてくれると言われています。よってこの両者を比較した場合、若干ゲオの方が評判はよくなっています。


買い叩かれることも多いというブックオフ

人気漫画や全巻揃っている漫画などに関しては、ゲオもブックオフも買取に関してそれほど大きな差はないと言えます。しかし、ある程度古い漫画や、あまり人気のない漫画に関しては、ブックオフの場合には買い叩かれることが多いと言われています。それに対してゲオの場合には、ある程度古い漫画や、あまり人気のない漫画であっても、ある程度の価格で売れる場合や、安くても買取をしてくれることがあると言われています。ただし、あまり人気のない漫画や、古い漫画などは、やはり価格がかなり安くなってしまうのはどこも同じです。

よってブックオフだけが買い叩きを行っているわけではありません。買取不可能と言われた漫画の買取ができる漫画買取チェーン店自体も少なくなっているので、やはり漫画の場合には、状態や発売日、人気があるかという点が重要になるのです。そう考えると、若干評判はゲオの方がよいのですが、さほど大きな差があるというわけではないので、自宅の近くにある店を利用するのがよいでしょう。もし高い値段で売りたい場合には、インターネットの漫画買取サイトを利用するか、確率は低いですがオークションを利用することをおすすめします。